自律神経系の症状 (松戸)

 

 

 

自律神経失調症」と言われるものは、病院で検査して異常がみつからないのに、めまい、動悸、頭痛(偏頭痛)、下痢、憂鬱感などの症状が出る状態です。それは自律神経のメカニズムに関係があるかもしれません。
自律神経には、背骨(脊椎)から均等に出ている交感神経と副交感神経の2種類があります。
この2つは全く正反対の作用を持っています。
●交感神経【活動している時、緊張状態、興奮している時に活発になります。】
●副交感神経【休息・身体の修復中やリラックスしている時に活発になります。】
通常は、どちらの神経もシーソーのように拮抗しあって働いています。
昼間の活動(交感神経)で疲労が蓄積され、夜間の睡眠で休息(副交感神経)することにより、身体の疲労回復をさせて元気な状態に戻す、ということが行われるのです。つまり、十分で良質な睡眠が健康な身体をつくることにつながるのです。
しかし、自律神経のバランスが崩れると、この活動ができないため、下記のような様々な不定愁訴があらわれます。例(お仕事で、体は疲れているのに、お布団に入っても頭は冴えていて眠れない、等)
「頭痛、頭重感、不眠、過眠、めまい、ふらつき、動悸、息切れ、倦怠感、疲れやすい、手足の冷え、発汗、頭ののぼせ、食欲不振 うつ状態」など(思春期に多い、「起立性調節障害」という疾病名もあります。)
自律神経の根本原因をたどると
○ 骨盤の歪み
○ 背骨のズレ
背骨の一番上の「上位頚椎」と「骨盤」の場所は副交感神経と関係して、首の下「下位頚椎」から腰「腰椎」までは交感神経と関係しています。
心の持ち方も重要ですが、まずは神経の根源を調整する必要があります。
症状が似ているが違う病名
一方で、この症状はうつ病やパニック障害などの可能性もあります。
他にも、なんらかの身体の病気があって、その原因や経過に心理的なものが深くかかわっている場合を心身症といいます。たとえば、ストレスによる胃潰瘍や高血圧、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群といったものです。心因的な要素が大きい自律神経失調症や心身症はともに病態を表し、病名ではありません。
このようなつらい症状でお困りの方は一度当サロンまでご相談ください