顎関節症について (松戸)

顎関節症は、顎関節の周りで痛みや障害がおこる病気です。顎の関節を構成する、骨、筋肉、靭帯などのバランスが、さまざまな要因により、顎関節の位置が崩れることからおこるといわれています。

原因
歯ぎしり、歯の食いしばり、かみ合わせ、生活習慣(うつぶせで寝る、頬杖を突く。姿勢が悪い)、ストレス、足首の骨のうちの一つ距骨のずれ等。顎関節周辺の筋肉を偏って使う(歯痛、歯が抜けた、かみ合わせが悪い、頭部や頸部への外傷)

症状
口を開け閉めするときに痛む。口が大きくあかない(基準は人差し指、中指、薬指が縦に入らない。)あごを動かすと音がする。かみ合わせに違和感を感じる。顎がゆがんでいる。

顎関節症は原因が顎周辺とは限りません。人間の体は重力による歪みを足首に受けたとき、顎を動かしてバランスをとろうとします。当院では顎が上下左右、どう歪んでいるのか検査し、原因が足首の骨なら距骨にアプローチすることもあります。